ランチ営業を休んで・・。

出かけてきたのは、これです。

鳥取県中部地震をはさんで 自費で参加していたスーパー公務員講座。
憧れの高野誠鮮さんに会ってみたくて
軽自動車で山陰から能登まで 往復1000キロの旅を5回(笑)
あと1回で講座が終わるという時にこの本に出会って。
夫婦2人で1200万。金額にも惹かれましたが(;´∀`)
(一人で600万いけるかしら、とか。パートナーがおりませんので(笑))

仲間集めてやってみたいなって思いました。

農機具屋の娘に生まれて 
戦後の農業機械化の波にのってブイブイいわしてた父も
自らも高齢化し、高齢化・後継者不足で先細っていく農家さんのために
病気になりながら細々と年金をつぎ込んで事業を続けていた父も
病気のせいでついに仕事ができなくなり、生きがいを失い
認知症になって一生をかけた仕事のことを全部忘れてしまった父も

その全部を見てきた私が絶対大切だと思ったことは

農家が「他力本願」でなく自ら行動して食える農業をすること
高齢になっても生きがいを失わずに「生涯現役」でいること
その生きがいとは趣味でなく「誰かに必要とされる自分であること」
自分のやろうとすることが
自分のためだけでなく結果としてそれで「地域が元気に」なれること

そのためにはどうすればいいのか
いろいろ模索して 動いてみて 

いま ここにいます。

農山漁村交流型民泊も間もなく本申請。まずここを整えることに力を・・。
あ、菜園の準備にもかからないと・・wファイトじゃな。

倉吉やしろ彩菜家

豊かな自然・数々の史跡に囲まれた かつての伯耆国の中心・万葉の杜 鳥取県倉吉市社地区を訪れてみませんか? 倉吉やしろ彩菜家は 野菜ソムリエの作る家庭料理や地域住民との交流も楽しめるカフェを併設し 自然栽培や陶芸、温泉めぐりなど「体験」を提供するゲストハウスです。